桜本商店は創業明治43年、札幌市で4代に渡り営む酒屋。本格焼酎や日本酒、ゆず酒や梅酒を扱う地酒専門店です。

【注目】加茂錦 荷札酒 紅桔梗 純米大吟醸

今、日本一若い24歳の杜氏田中悠一氏が造るお酒が、
注目を浴びています。
蔵がある新潟は、古くから米どころ、
そして淡麗辛口酒の代名詞として有名な地です。

加茂錦酒造では、従来の新潟酒(端麗辛口酒)にはないフレッシュ(極微発砲)で、
綺麗な吟醸香を放ち、心地よい酸と余韻を残す
「加茂錦 荷札酒(かもにしき にふだざけ)」を造っています。

次世代の若き酒蔵として注目の酒蔵ですが、
つい最近までは、蔵存続の危機にも当たるような厳しい現実があったと言います。
その為、悠一氏が新潟大学在学中(現在休学中)から
父からお酒造りを手伝わされたと言います。

特に大学で工学部に所属していたことから効率良く
お酒造りを行うための設備(浸漬後の水切りシステムや遠隔麹温度管理システムなど)を
父から依頼を受け自ら作り上げました。

酒造経験が乏しい事から全国の銘酒を試飲し、
そのお酒を模倣し、近づける努力を行ってきました。
その数は、何百にも上がり常に酒蔵や自宅の冷蔵庫に他蔵のお酒が鎮座しています。

最大のこだわりは、使用する酵母とその数、
そしてブレンドにあります。
特に、現在あまり使われなくなった「泡あり」酵母を積極的に使う事で、
軽やかだけど、上質なコクと奥ゆかしい味わいがあります。

一般的に「泡なし」酵母を使用する蔵が多いのは、
出来上がる味わいにそれほど大きな影響を与えず、
泡立ちによる泡消し作業軽減や発酵タンクの容量を
大きくしなくて済むなどの効率を求めた結果でした。

しかし、悠一氏曰く、自分が泡ありと泡なしを比べて造った結果、
確実に泡ありの方が、豊かなコクがあり、
綺麗な深みがあったと言います。
できるだけ、軽快に造る一方で、上質な旨みを引き出せたのが泡あり酵母でした。

来場者数が12万人を超える国内最大の日本酒イベント「新潟酒の陣」では、
加茂錦のお酒が第1位となっています。
実力も認めれつつある加茂錦 荷札酒は
飲むべきお酒の一つと言っても過言ではないと思います。

この「荷札酒 紅桔梗 純米大吟醸」は
フレッシュで濃厚な香味 かつ淡麗な味わい

商品について

【注目】加茂錦 荷札酒 紅桔梗 純米大吟醸
  • 蔵元:
       (
  • 住所:
  • 原料:
  • 原料米:
  • 日本酒度:
  • 酸度:
  • アルコール度数:
  • 発売時期:

お酒の目安

720ml 1,598円 (税込) 個数: カートに入れる
1,800ml 3,218円 (税込) 個数: カートに入れる

【在庫】 720ml 1,598円 (税込)3 1,800ml 3,218円 (税込)2

関連ページ

店主のおすすめ

送料ガイドスペーサー送料ガイドスペーサー送料ガイド

ページトップへ