桜本商店は創業明治43年、札幌市で4代に渡り営む酒屋。本格焼酎や日本酒、ゆず酒や梅酒を扱う地酒専門店です。

角玉梅酒

1958年、世界に向けて初めて輸出した
梅酒がこの角玉梅酒です。
1958年と言えば、東京タワーが完成した年で、
昭和で言うと33年。今から55年前の事になります。

その時から変わらず造り続けている角玉梅酒。
全国的に脚光浴びるようになったのは、
この10年内のように思います。

日本酒や本格焼酎と言った酒類の他に、
梅やゆずなどを使ったリキュールが
脚光を浴びるようになった
リキュールブームが起きたからです。

まだまだ他蔵の参入や新商品の発売される
前でしたので、特に中心的な存在として
人気が高まりました。

今では普通に居酒屋や食卓にのぼる梅酒ですが、
当時はまだまだ種類も少ない状態でした。

角玉梅酒の特徴は、自蔵で蒸留した米焼酎を
ベースに造った、後味が軽快な梅酒です。
クセがなく、甘味が少ないため
男性でも美味しく飲める味わいです。

特に青梅で漬けているので、梅の酸味が綺麗に立ち、
氷で入れてロックで飲むとバランス良く仕上がります。
やや薄く濁り、沈殿物がありますが、
旨味成分が凝固したもので、
瓶を振り混ぜることでより美味しくいただけます。

商品について

角玉梅酒
  • 蔵元:
       (
  • 住所:
  • 原料:
  • 原料米:
  • 日本酒度:
  • 酸度:
  • アルコール度数:
  • 発売時期:

お酒の目安

750ml 1,522円 (税込) 個数: カートに入れる
1,800ml 2,242円 (税込) 個数: カートに入れる

【在庫】 750ml 1,522円 (税込)3 1,800ml 2,242円 (税込)2

関連ページ

店主のおすすめ

送料ガイドスペーサー送料ガイドスペーサー送料ガイド

ページトップへ